副業、本業としてどう向き合うのか?証券会社選びは?などBO情報です。

バイナリーオプションのリスク管理について


巷で話題のバイナリーオプションですが、手軽に始められるということで金融商品ビギナーの方々も多く参戦しています。

しかし、やはりバイナリーオプションをやったことがない方からすると「どれだけリスクがあるのか」という部分が気になるところです。

そこで、ここではバイナリーオプションの基礎知識から、そのリスクがどれくらいなのかを簡単にご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションはリスクが予想できる

資産を金融商品に投資するというと、FXや株といったものをイメージする方も多いと思います。

そうすると「大きな借金を抱えてしまうのでは」と不安に思う方もいるかもしれませんね。

しかし、バイナリーオプションがFXや株式投資と決定的に違うところは「リスク(損失)を予想できる」という点です。

たとえば、よくFXで借金を背負ってしまったという方の話を耳にするかもしれませんが…。

それは「レバレッジ」といって、自分が持っているお金以上の金額をかけてしまったから起こり得ることなのです。

レバレッジについてはまた別の機会にお話をしますが、バイナリーオプションは基本的に自分が持っているお金分しか投資できないようになっています。

そのため、予想以上の借金を背負うことなどが起きないわけです。

バイナリーオプションのリスクは手持ち分だけ

損失をリスクとして捉えるのであれば、バイナリーオプションが抱えるリスクは自分が持っている手持ち分のお金しかありませんので、度を越えた借金をすることはある意味「ありえない」ということになります。

もちろん予想に失敗したからといって、それを取り返そうとどこかから借金をしてくれば話は別ですが、バイナリーオプションの取引自体で大きなリスクを背負うことはないわけですね。

また、バイナリーオプションに金融商品ビギナーの方が多く参戦するのには、分かりやすい取引システムというものがありますが、リスクについても理解しやすいという点が人気の理由です。

おすすめの取引サイトであるハイローオーストラリアを例に挙げてみると、

「1回の最低取引金額が1,000円」

となっています。

これを端的に説明すると、

1,000円を投資し、予想が成功すれば1,800円~2,000円が戻ってくる。

反対に予想が外れれば投資した1,000円がマイナス。

バイナリーオプションのリスクはまさにこれだけ。

投資した金額が没収されるだけでおしまいですから、いかにリスクが予想しやすいかということが分かるかと思います。

バイナリーオプションに関しては、自分を制御すればリスクを管理することは容易いので、とても安全に金融取引を楽しむことが可能です。

もちろんどんな金融取引にもリスクはありますので、まったくのリスクゼロで出来るわけではありませんが、これはもう仕方がないこと。

投資する以上は多少のリスク(投資した金額分くらい)は理解したうえで行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です