副業、本業としてどう向き合うのか?証券会社選びは?などBO情報です。

ハイローオーストラリアの取引プラットフォーム

グラフィックス25

ここでは、ハイローオーストラリアを利用する際の取引画面の特徴や用語についてご紹介しています。

ハイローオーストラリアでは、2016年に取引プラットフォームが変更され現在の形となっていますが、国内業者とはまた違った単語が画面上には並んでいますので、ぜひこちらを参考に各項目についてチェックしていってください。

ハイローオーストラリアの取引プラットフォームをチェック

初めてハイローオーストラリアを利用するという方であれば、まずはデモ取引画面からそのプラットフォームを確認してみてください。

もちろん実際に登録をして取引をする場合と同じ画面ですので、参考になるかと思います。

まずハイローオーストラリアの取引画面ですが、とにかくシンプルであることが特徴のひとつです。

余分なものを排除したスッキリとしたインターフェースは非常に魅力的なポイントとなっています。

ちなみに2019年の2月ごろから少しこのプラットフォームに変化が見られるようになりました。

変更された点というのは通貨ペアの表示画面などです。

以前は一画面にすべての取引銘柄が収まっていたのですが、変更後はスクロールする仕様となっています。

なお、検索窓が追加されて自分の探している銘柄を出されるようになったところは分かりやすくなった点と言えるかもしれませんね。

さて、続いて実際の取引画面についてですが、ハイローオーストラリアでは主に4つの取引が存在しています。

それが「HIGHLOW」「HIGHLOWスプレッド」「Turbo」「Turboスプレッド」です。

この4つの取引の中から自分に合ったものを選ぶ必要があるのですが、それぞれの特徴を簡単に見ていきましょう。

・HIGHLOW…もっとも一般的なバイナリー取引方法、一定時間後のハイorローを選択する。途中、転売が可能。

・HIGHLOWスプレッド…一定時間後のハイorローを選択するが、それぞれに現在の価格より多少の差額が発生している状態の値動きを選択する。途中、転売が可能。

・Turbo…30秒や1分といった超短期の取引が行える。転売はできない。

・Turboスプレッド…超短期の取引の中で差額がどれだけ発生するかを選択する。転売はてきない。ペイアウト率が高く設定されるという特徴もある。

これらの中から自分が取引をしやすいものを選ぶわけですが、ハイローオーストラリアでは期間限定のキャンペーンなどでペイアウト率が一時的にアップする場合があります。

なお、こうした際にもプラットフォーム上でペイアウト率が確認できますので、非常に便利です。

ハイローオーストラリアは、元々トレーダーだった熟練の方々が運営側に回って立ち上げた会社ということもあり、こうしたユーザーファーストで分かりやすい取引フォームを採用しています。

操作の際にも非常に見やすいという特徴もありますので、ぜひハイローオーストラリアを利用してバイナリーオプションを始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です