副業、本業としてどう向き合うのか?証券会社選びは?などBO情報です。

取引に使える用語集た行

グラフィックス24

高値圏(高値ゾーン)

一定期間内の一番高い価格帯で何度も反発・跳ね返されていることを表します。
一番高い価格帯の抵抗帯と捉えておきましょう。
何度か反発することで多くのトレーダーに意識される反面、この価格帯を突き抜けると上方向への勢いが増す傾向があります。

ダブルトップ

数多くあるチャートパターンの1つです。
相場の高値圏で形成されやすい形で、同じ価格帯で2つの山、『ダブルトップ』が形成されると上昇の勢いが弱まり、これから下降するかもしれないという転換を示唆するチャートパターンです。

ダブルボトム

数多くあるチャートパターンの1つです。
ダブルトップの反対で、安値圏で形成されやすい形で、同じ価格帯で2つの谷、『ダブルボトム』が形成されると下降の勢いが弱まり、これから上昇するかもしれないという転換を示唆するチャートパターンです。

チャートツール

MT4やMT5などの高性能な相場分析ツールのことを表します。
過去の莫大なデータや現在の動きを表示してくれるツールで相場が進む方向を予測するためには欠かせない、バイナリーオプションのトレードの相棒的存在です。
ほとんどは無料で使うことができますのでトレードをする方は必ず準備しておきましょう!

通貨

各国のお金のことを表します。
日本であれば円(JPY)、アメリカであれば米ドル(USD)のことを通貨と言います。
そして、異なる国の通貨を組み合わせたペアを通貨ペア(USD/JPY)と言います。

テクニカル分析

為替相場を分析する方法の1つです。
テクニカルツールやラインを使用して、過去の値動きと今の値動きを比較して今後の動きを予測する分析方法です。
この他にも経済指標や景気動向から分析するファンダメンタルズ分析という方法もあります。

テクニカルツール

テクニカル分析をする上で活用するツールのことを表します。
トレンド系とオシレーター系の2種類があり、相場の方向性を読み解くものから相場の勢いを予測するものなど、様々な役割のツールが存在します。
移動平均線やボリンジャーバンド、ストキャスティクスもテクニカルツールの1つです。

手仕舞い

トレードを終わりにすることを表します。
バイナリーオプションではその日のトレードをやめることを言います。
例えば今日はもう2勝できたから手仕舞いにする。というような場合に使います。

抵抗帯

相場が何度も反発・跳ね返されている価格の範囲を抵抗帯と言います。
抵抗帯は多くのトレーダーが1つの規準にしている場合が多く、跳ね返されやすいポイントと捉えられる反面、一度突き抜けると突き抜けた方向に勢いが増す傾向があります。
サポートラインやレジスタンスラインなども抵抗帯の1つです。

取引金額

トレードをする際に自分が投資する1回あたりの金額のことを取引金額と言います。
ブローカーによって金額はバラバラで、数百円から十万円の間がほとんです。
バイナリーオプションはペイアウト倍率が一定なので取引金額を大きくすることで大きな利益を見込めます。

取引種別

バイナリーオプションのトレードの種類を表します。
ブローカーによって名称が異なる場合もありますが一般的なところでは短期取引やターボ、HIGH/LOWなどがあります。
取引種別によってペイアウト倍率が異なる場合もあります。

ドルストレート

通貨ペアの呼び方の1つです。
米ドル(USD)を含んだ全ての通貨ペアのことを言います。
代表的なところではドル/円(USD/JPY)やユーロ/ドル(EUR/USD)や豪ドル/ドル(AUD/USD)などがありますね。

トレード

バイナリーオプションやFXにおいて自分が選んだポイントに投資することを表します。
トレード(取引)と覚えておきましょう!

トレンド系

MT5などのチャートツールに表示できるテクニカルツールの種類の1つです。
トレンド系は主に相場が向かう方向性を把握するのに優れているものが多いです。
その他にも抵抗帯を示すものや、使うトレーダーによって使い方も様々と言えるでしょう。
代表的なところで言えば移動平均線やボリンジャーバンドなどがあります。

トレンド相場

相場状況を表す言葉で、トレンド相場とレンジ相場の2つに分けられることがほとんどです。
相場が上(下)のどちらか一方向に向かっている状況をトレンド相場と言い、買いの勢いが強く上方向に向かっている相場を上昇トレンド、売りの勢いが強く下方向に向かっている相場を下降トレンドと言います。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です