副業、本業としてどう向き合うのか?証券会社選びは?などBO情報です。

バイナリーオプションでの税金について

グラフィックス25

【JCB/AMEX版】月収973万円!スマホ片手に稼ぐ「億千万バイナリー」

グラフィックス8

FXやバイナリーオプションで思いもかけずに大きな利益を生み出した場合。

とてもありがいたいことですが、その反面「税金」というものが頭をチラつくかと思います。

最初に説明をしておくと、FXやバイナリーオプションといった金融商品の取引で得た利益には税金が掛かります。

そして、その税金の掛かり方というのは自分の仕事・利用している取引サイトによって異なってきます。

ここでは、自分がどういった税金の納め方に該当し、どれくらいの税金を納めなければいけないのかという疑問を分かりやすくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事に異なる税金

FXやバイナリーオプションといったもの1本で生活をしている方というのは少ないと思いますので、多いケースとしてサラリーマンの場合の税金を見ていきましょう。

サラリーマンの場合は、FXやバイナリーオプションで20万円以上の利益を得た場合に確定申告が必要となります。

なお、扶養されている主婦の方やフリーター、無職の方の場合は38万円以上の利益で申告の必要性が発生しますので、覚えておいてください。

取引サイトによる課税の違い

冒頭で、取引サイトによって課税の金額が異なると説明しましたが、これは国内取引サイトを利用しているか、それとも海外の取引サイトを利用しているかというものが申告の際に見られるポイントです。

国内の場合は、「申告分離課税」というものが適用され、利益に対して一律「20,315%」をかけた額が税金となります。

100万円儲けたとしたら20万円ちょっと納税しないといけないということですね。

そして海外サイトの場合ですが、こちらは「雑所得(総合課税)」の対象となっています。

こちらの総合課税というのは、FXやバイナリーオプションの利益をほかの副業や事業の費用や損失と相殺することが出来るというのが魅力的なポイントです。

たとえば取引で100万円の利益を生み出したとして、その一方アフリエイト事業などで50万円分の損失があったとしたら、課税対象となるのは50万円だけで良いということになります。

こうしたことから副業ビジネスを盛んに行う方は、海外の取引サイトを利用するケースが大半です。

有名な取引サイトであればハイローオーストラリアが人気ですので、FXやバイナリーオプションをこれから始めたいという方はそちらもチェックしてみてください。

このように、金融商品の取引によって生まれた利益には税金が掛かってきますので、そうした面も考慮しながら投資をすることが必要です。

特に大勝をした翌年にはその分の税金が計上されてきますので、余剰分のお金を取っておくということも計算しておきましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です